カスタマーハラスメントに対する行動指針

Vライバー事務所ソライト(以下、当事務所)は、お客様に満足いただき安定したサービスを提供するためには、当社の従業者として働く従業員が尊厳を傷つけられることなく、安心して働ける職場環境づくりが必要であると考えております。当事務所の従業員がいつも笑顔でお客様へ安定したサービスを提供できるよう、この度当事務所のカスタマーとのより良い関係構築を目的として、当事務所におけるカスタマーハラスメントに対する行動指針を定めました。

カスタマーハラスメントの定義

当事務所のカスタマーハラスメントに対する定義は、厚生労働省が発表している「カスタマーハラスメント対策企業マニュアル」および違法・有害情報相談センターの「違法・有害情報関連のガイドライン」に記載されている事柄を主に対象としております。

対象となるハラスメント行為の例

厚生労働省が発表している「カスタマーハラスメント対策企業マニュアル」に準じます。
なお、以下の記載は例示であり、これらに限られるという趣旨ではありません。

1.お客様等の要求の内容が妥当性を欠く場合の例

  • 当事務所の商品・サービスに瑕疵や過失が認められない場合
  • 要求の内容が、当社の提供する商品・サービスの内容とは関係がない場合

2.要求を実現するための手段・態様が社会通念上不相当なものの例

要求内容の妥当性にかかわらず不相当とされる可能性が高いもの

  1. 身体的な攻撃(暴行・傷害)
  2. 精神的な攻撃(脅迫、中傷、名誉毀損、侮辱、暴言)
  3. 威圧的な言動
  4. 過度な謝罪要求(土下座)
  5. 継続的(繰り返される)、執拗な言動
  6. 拘束的な行動(不退去、居座り、監禁)
  7. 差別的な言動
  8. 性的な言動
  9. 社員個人への攻撃、要求
  10. 物を投げるなどの危険行為

要求内容の妥当性に照らして不相当とされる場合があるもの

  1. 商品交換の要求
  2. 金銭補償の要求・合理的理由のない謝罪の要求
  3. 当社発信媒体(Web、SNSを含む)の情報変更の要求
  4. 当社関係者への処罰の要求
  5. 不合理な特別待遇、対応の要求
  6. 当社発信に関する発散内容の変更の要求

3.お客様によるその他迷惑行為

  1. SNSやインターネット上での中傷誹謗行為、虚偽の流布
  2. 繰り返しサービス内容について批判・改正を要求するなどの行為
  3. 他のお客様や従業員の同意なき撮影(無断撮影)
    ※プライバシーの権利や肖像権の侵害にあたる可能性があります。
  4. 他のお客様にご迷惑がかかる行為
  5. 業務運営に支障が出ると当社グループが判断した行為

カスタマーハラスメントへの対応姿勢

カスタマーハラスメントの対象となる行為、またはそれに類する同等の行為と当社が判断した場合は、当事務所で働く従業員ひとり一人を守るため、サービスの提供及びお客様対応を中止させて頂くとともに、場合によってはしかるべき機関に相談のうえ、厳正に対処いたします。

当事務所における取り組み

  • 本方針による企業姿勢の明確化、当事務所で働く従業員への周知・啓発
  • カスタマーハラスメントへの対応方法、手順の策定
  • 当社グループで働く従業員への教育・研修の実施
  • 当社グループで働く従業員のための相談・報告体制の整備

当社はお客様とのご縁を大切にしながら、相互理解を深めるコミュニケーションを心掛け、互いに信頼、尊重しあえる関係の構築に尽力してまいります。

2024年6月24日制定